澤研究室 構造物性物理学講座 構造物性工学研究グループ
HOME 研究室メンバー > 片山 尚幸
研究室メンバー
片山 尚幸
Naoyuki Katayama
片山 尚幸
研究分野 固体化学、固体物理
研究分野を表す
キーワード
X線構造解析(構造物性)、物質・物性探索
研究テーマ
  • 放射光X線/中性子回折を用いた構造物性研究
  • 鉄系新超伝導体およびフラストレート磁性体の物質探索
  • 量体化"分子"を形成する系で生じる動的短距離秩序の構造研究
担当科目 応用物理学実験第1(2011〜2016)、応用物理学実験第2(2011〜)、回折物理学特論(2015〜)、先端材料と物性物理(2016〜2019)、化学基礎I(2020〜)、物理工学序論(2020) 
 
2008.3 科学博士(東京大学)

2007.4 日本学術振興会特別研究員DC2
2008.4 東京大学物性研究所 大串研究室
日本学術振興会特別研究員PD
2009.4 Virginia大学物理学科 Seunghun Lee group
Research Associate
2011.7 名古屋大学大学院工学研究科・マテリアル理工学専攻
応用物理学分野・構造物性物理学講座 助教 
2015.12 名古屋大学大学院工学研究科・マテリアル理工学専攻
応用物理学分野・構造物性物理学講座 准教授   現在に至る
2018.4 東京工業大学・フロンティア材料研究所
特任准教授 (兼任)  現在に至る 
研究業績

全論文リスト (2020/3/7 update)
(以下代表的なもの)

Vanadium trimers randomly aligned along the c-axis direction in layered LiVO2
Phys. Rev. B 100 (2019) 235120. 日本語での解説

Large entropy change derived from orbitally assisted three-centered two-electron σ bond formation in metallic Li0.33VS2
Phys. Rev. B 98 (2018) 081104(R). 日本語での解説

Absence of Jahn-Teller transition in the hexagonal Ba3CuSb2O9 single crystal
Proc. Natl. Acad. Sci. USA (N. Katayama et al., 2015) 112 / 9305-9309. 日本語での解説

Superconductivity in Ca1-xLaxFeAs2:A Novel 112-Type Iron Pnictide with Arsenic Zigzag Bonds
J. Phys. Soc. Jpn. (N. Katayama et al., 2013) 82 / 123702

Anomalous Metallic State in the Vicinity of Metal to Valence-Bond Solid Insulator Transition in LiVS2
Phys. Rev. Lett.(N. Katayama et al., 2009) 103 / 146405

外部獲得資金
平成27年度 科学研究費補助金 若手研究(B) (代表)
「三次元鉄ヒ化物超伝導体の創成」平成27-平成28年度
平成29年度 科学研究費補助金 若手研究(B) (代表)
「新しい固体冷凍技術「電池冷凍」の開発」平成29-令和元年度
平成29年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) (分担)
「ルテニウム酸化物の巨大負熱膨張を活用した新規熱膨張抑制剤の開発」平成29-令和元年度
平成30年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) (分担)
「高圧力制御による励起子凝縮と超伝導の研究」平成30-令和2年度
令和2年度 科学研究費補助金 基盤研究(A) (分担)
「硫化サマリウムSmSの価数揺動と体積機能」令和2-令和4年度
令和2年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) (代表)
「自己組織化分子のスローダイナミクスが生み出す無機柔粘性結晶の開拓」令和2-令和4年度
令和元年度 公益財団法人豊秋奨学会 2019年度研究費助成 他、数件
賞罰
日本物理学会第24回論文賞 2019
  対象論文 : Commensurate Itinerant Antiferromagnetism in BaFe2As2: 75As-NMR Studies on a Self-Flux Grown Single Crystal (2nd author)
JPSJ Most Cited Articles in 2014
  対象論文 : Superconductivity in Ca1-xLaxFeAs2: A Novel 112-Type Iron Pnictide with Arsenic Zigzag Bonds (1st author)
JPSJ Most Cited Articles in 2009
 対象論文 : Intrinsic Properties of AFe2As2 (A = Ba, Sr) Single Crystal under Highly Hydrostatic Pressure Conditions (2nd author)
JPSJ Most Cited Articles in 2008
 対象論文 : Commensurate Itinerant Antiferromagnetism in BaFe2As2: 75As-NMR Studies on a Self-Flux Grown Single Crystal (2nd author)
愛知県若手研究者イノベーション創出奨励事業第9回「わかしゃち奨励賞」 優秀賞
新聞報道等
2012年 5月4日 日本経済新聞
『極低温下でも固体にならず 東大など物理現象発見』
 関連論文 : Spin-Orbital Short-Range Order on a Honeycomb-Based Lattice
 解説記事 : 乱れに強い量子液体状態を示す銅酸化物磁性体の発見
2013年 11月29日 科学新聞1面
『レアアース含有量を低減 新しい高温超伝導体開発』
 関連論文 : Superconductivity in Ca1-xLaxFeAs2: A Novel 112-Type Iron Pnictide with Arsenic Zigzag Bonds
Nagoya University Research Highlight
『未来のエネルギーを守る: レアアース含有量を大幅に低減した鉄系高温超伝導体を開発 』
2015年 7月14日 名古屋大学プレスリリース
『極低温まで軌道自由度が凍結しない銅酸化物を実現 -『量子スピン軌道液体』状態の実現に道を拓く-』
 関連論文 : Absence of Jahn-Teller transition in the hexagonal Ba3CuSb2O9 single crystal
2016年 12月 名古屋大学工学部・工学研究科 WebNEWS 2016 No.40 研究046
『無機結晶中で現れる「量体化」を制御し機能を生み出す』
2017年 1月 名古屋大学プレスリリース
『温めると縮む新材料を発見 −精密機器や電子デバイスなど広汎な応用に期待−』
 関連論文 : Colossal negative thermal expansion in reduced layered ruthenate
前のページへ戻る